大麻ビールのプロヴァンス・ブランズがRTOでTSX-Vに上場へ
 
 

September 25, 2018

大麻ビール製造のプロヴァンス・ブランズ(Honest Inc)は、コルソン・キャピタル(Colson Capital Corp, TSXV: COLS.P)のリバーステイクオーバー(RTO)によるトロント市場(TSX-V)上場に向けて着実に歩を進めている。
これからまだ証券取引所の審査などが残るが、10月以降の合法化に向けて上場を目指すとのこと。

本サイトのカンナビス・キャピタル・カンファレンスレポート第2弾でもお伝えしていた大麻ビール製造のプロヴァンス・ブランズは、アルコールフリーでカンナビスから醸造したビール製造を特徴としてすでに製品も完成しており、今後カンナビス消費スタイルがアルコールに近くなることを予想して事業展開している。
また、上場に合わせて、プライベートプレイスメントで C$30M(約22.5億円)の調達も計画中とのこと。